ハロウィン祭りは秋の装飾の代表的なテーマです

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今では日本でもハロウィンのお祭りを楽しまれる方が増えてきましたが、かぼちゃや蜘蛛、ドクロや魔女など、何となくダークなアイテムが多く使われ、今までの日本のお祭りとは少し異なる雰囲気が特徴のお祭りです。
ハロウィンは、古代ケルト人の先祖の霊をお迎えするお祭りが起源のようですが、先祖をお迎えするとき、先祖の霊と一緒に悪魔の霊もやって来て、人間や農作物に悪さをすると信じられていたようです。そこで、悪霊を追い払うために仮面をかぶったり仮装をしたり、あるいは魔除けの焚き火したりするのですが、現在は、ハロウィンパーティとして日本でも定着しています。家族で玄関や部屋を秋の装飾で飾り付けてお祭りの雰囲気を盛り上げ、また、仮装パーティやコンテスト、パレードなどでは、地域の人々や仲間達と一緒に楽しめる季節の行事となりました。

ハロウィン祭りの由来と楽しみ方

最近は、ハロウィン祭りの宗教的な意味合いは次第に薄れ、大人も子供も個性豊かな仮装を楽しんで、場所によっては、パレードやコンテストなどが行われているところもあるようです。またハロウィンでは子供達がと夜の街を練り歩き、家の前で「トリック・オア・トリート!」と叫び、大人は「ハッピーハロウィン!」と答えてお菓子を子供達に渡して楽しんでいます。子供たちが好きなキャンディーやチョコレートなどの小さなお菓子のラッピングも秋の装飾グッズのアイテムの一つです。
お菓子のラッピングですが、子供たちが楽しめるように、全体の印象としてはオレンジ色を基調とした明るい色で、どちらかといえば怖さよりも愉快でポップな感じのデザインが主流です。コスチュームから小物まで、秋の風物詩として新たに加わったハロウィン祭りは秋の装飾の主流になっていると言えます。

秋の装飾に夜のライトアップは効果的です

大きなかぼちゃを切り抜いて中に火を灯した「ジャック・オー・ランタン」はハロウィンのシンボルとして、夜の玄関先や窓際などに置かれて雰囲気を盛り上げています。ライトアップで楽しむアイテムとして従来はクリスマスツリーが主役だったのですが、ハロウィン祭りが定着してからは、かぼちゃのモチーフの光るハロウィンライトや、ハロウィンタイトルのチューブライトなどLEDを使った様々なデザインやアイテムのグッズが多く出回るようになっています。
そもそも火は神聖なものとして、古今東西を問わず宗教的な儀式には多く使われているのですが、現代のLEDの灯りも子供達を楽しませる神聖で暖かな秋の装飾として、ハロウィンからクリスマスへとライトアップの行事が続いていくでしょう。